キャッシング申込みで失敗したこと|僕のキャッシング体験

キャッシング申込みで失敗したこと|僕のキャッシング体験

MENU

キャッシングの申込み事情

自営業やフリーランスの場合、審査がだいぶ厳しくなる

僕が実際にキャッシングをして実感したキャッシング申込み事情の一つに、「個人事業主やフリーランスの場合、審査がかなり厳し目になる」ということがあります。これは世間の常識で考えれば確かに当然でしょう。僕も独立して起業する前から、こういう社会的信用が落ちるということはわかっていましたが、カードローンの審査に関しては予想以上だったという気がします。

 

信用度は、親と同居の学生よりも劣るかも知れない

実は、親と同居しながら大学生をやっていた時代にも、僕はカードローンを利用したことがあります。それは学生専用の学生ローンというものでしたが、その時の審査のほうがよっぽど楽でした。貸金業者が中小規模のところだったので、それで審査が緩めだったのかも知れませんが、実家がある程度大きくて住宅ローンも終わっていたということ、親の年収が多かったこと、などの条件で信用されたのかも知れません(自分の条件では何一つ信用されていない、というのがなさけないですが…)。

 

金利や限度額などの条件面は、どこでもほぼ同じ

実質年率や借入可能金額などのスペックについてはどこのカードローン会社でもだいたい同じだな、という印象を受けました。普通の人の借入金額は大体10万円未満だと思いますが、この場合実質年率はどこも18パーセント程度なのです。イオン銀行のような銀行系のカードローンは14パーセント程度になるということも学習しましたが、最低借入金額が30万円ということで、審査が厳しそうだと思い、やめました(本当はそうでもないらしいですが)。

 

どこで申し込みするか悩むよりも、早く借りて早く返す

これは僕の体験談から確実に言えることですが、「どこの貸金業者から借りるか」というのは全然大した問題ではありません。上に書いたように、どこの会社も特に条件面は変わらないのです。なので、借りる会社で悩むよりも、さっさと借りて、パート・アルバイトなどを増やして、早く全額返済するという方がよほど大事だと思います。こういうことに限らず、日本人は力の入れ方を間違えていると思うことがよくあります。

 

臨時収入を得た時は、とにかく全額返済に回す

これは完済を早めるポイントですが、臨時収入が入ったら、すぐにその足でATMに行って、全部返済に回してしまう、ということをおすすめします。こうやってコツコツ返していると金利もどんどん減っていきますし、前に進んでいるという実感ができて、モチベーションも上がるからです。また借入残高も常に正確に把握できるので、その点でも完済のイメージトレーニングになります

 

 

更新履歴